FC2ブログ

中小企業診断士の受験資格 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

中小企業診断士の受験資格

中小企業診断士の資格ですが、色んな資格試験がある中、特に受験資格というものが設定されていません。
そしてもう1つは、中小企業診断士になるには、指定された養成課程を修了するというパターンがあります。
つまり、受験資格が定められていない中小企業診断士は、誰でも受験することができるのです。
全国で中小企業診断士の試験は開催されていて、1次試験の開催地として、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡があります。
科目合格によっては、中小企業診断士は、試験科目の一部免除があり、他の資格があれば、科目免除適用などもりあります。
2次試験の中小企業診断士の受験資格は2年間有効であることら、1年しっかり勉強してから受験に臨むことが可能です。
中小企業診断士は毎年、実施されている国家資格ですが、1次試験には特に受験資格はありません。
中小企業支援法第12条に基づく国家試験が中小企業診断士で、経済産業大臣指定試験機関として、第1次試験と第2次試験があります。
中小企業診断士の1次試験に受験資格はありませんが、企業経営に関する7科目について、かなり厳しくチェックされます。

中小企業診断士の2次試験の受験資格は、1次試験合格後、2年間有効となるので、その間に合格すればよいわけです。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.