FC2ブログ

中小企業診断士とMBA - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

中小企業診断士とMBA

基本的に中小企業診断士の2次試験は、実践的な知識を学ぶ必要があり、これはMBAのケースメソッドによく似ています。
しかし、中小企業診断士とMBAの違いというのは、中々、判別し難く、素人では区別がつきにくいものです。
しかし、中小企業診断士とMBAが全く同レベルであるかというと、それは必ずしもいいきれません。
MBAと中小企業診断士との違いは、MBAは公的な資格ではなく、個々の大学院から与えられる学位であることです。
要するに、中小企業診断士のスタンスは依然変えない方針ということで、MBAとの格差は縮まりません。

中小企業診断士は、大企業相手の需要もあるのですが、MBAと違って、それはメインではありません。
経営学修士号がMBAであり、中小企業診断士と違って、経営学大学院から与えられる学位を差します。
企業経営に必要な知識、技術を学び、ビジネスの現場で実践する能力を開発するという意味では、中小企業診断士もMBAも変わりはありません。
講義やケーススタディの内容がMBAは大学によって異なりますが、中小企業診断士は、国が認める経営コンサルタントになります。
MBAと中小企業診断士が共通する部分は、どちらもビジネスを広く学ぶところで、事例により、実践的な思考を身につけることができます。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.