FC2ブログ

中小企業診断士の受験科目免除申請 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

中小企業診断士の受験科目免除申請

中小企業診断士の他の資格による免除については、要件に該当すれば、第1次試験の一部科目が免除されます。
中小企業診断士の第1次試験の合格基準は、受験免除科目以外の受験科目の総点数により判定されるようになっています。
経営法務については、弁護士、もしくは司法試験二次試験合格者であれば、中小企業診断士の科目免除が適用されます。
ただ、中小企業診断士の免除には条件があり、それには、科目合格による免除と他の資格による免除があります。
科目合格の中小企業診断士の免除は、第1次試験は科目合格制なので、合格した科目を申請することで免除になります。
但し、科目合格した中小企業診断士の試験科目は永久ではなく、有効期限は3年なので、注意しなければなりません。
まず、中小企業診断士の経済学経済政策については、大学の経済学の教授、助教授、経済学博士、不動産鑑定士、不動産鑑定士補であれば免除されます。
これを科目合格と呼び、中小企業診断士の試験は、合格科目については翌年度及び翌々年度の試験で、免除申請が可能です。
ただ、中小企業診断士の科目合格は、第1次試験合格となった時点で、それまでの科目合格での受験免除の権利はなくなるので要注意です。
中小企業診断士の場合、科目合格基準を満たしている科目については、免除が認められます。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.